11月17日の「爆報THEフライデー」に女優の中山忍さん(44)が出演した。

その中で、ドラマで共演した故渡瀬恒彦さんがとても怖かったと、因縁の関係にあったことを告白した。

2時間ドラマの新女王と呼ばれている女優の中山忍さんのお姉さんは中山美穂さんだ。

中山忍さんは、共演していた俳優の渡瀬恒彦さんが怖かったと告白した。

なぜ、渡瀬恒彦さんはそんな怖かったのだろうか。

ドラマ評論家によると、「普通を演じ切ることができるのが強み、喜怒哀楽の使い分けができるところが素晴らしい」と、中山忍さんの演技力を評価している。

だが、渡瀬恒彦さんからあることを言われて、「もう終わった」と思ったことがあるそうだ。

 

中山忍
画像引用元:https://www.oricon.co.jp/prof/235303/photo/p0020070910011630500118941357104/ 中山忍

スポンサーリンク



 

 

中山忍さんは、15歳で芸能界デビュー、アイドル歌手になったのだが実は音痴だったそうだ。

そのため、リリースした8枚のシングルはほとんど売れなかった。

一方、姉は「世界中の誰よりきっと」、「HERO」などのヒット曲を連発してトップアイドル歌手となっていた。

中山忍さんは、そんな姉との比較に劣等感を感じていた。

モノマネ番組に呼ばれて中山美穂のモノマネをしてくれと言われたのがしんどかったと振り返るほど、自分と言うものがなくて、いつも姉の後ろにいた。

結局、デビュー2年でアイドル活動をやめた。

トレンディドラマ全盛期だったその頃、自分もトレンディドラマに憧れ、自分も出たいと思っていた。

だが、回って来た役は、2時間ドラマの役しか来ず、やりたかったトレンディドラマとは違う仕事だった。

納得できないまま2時間ドラマに脚を踏み入れたのだが、渡瀬恒彦さんは中山忍さんを踏み潰すような行動に出る。

 

渡瀬恒彦さんは、「十津川警部シリーズ」など主演30作品以上を務める2時間ドラマの王様だ。

初めて会ったとき、挨拶しようとしたのだが、無視されて怖かったと中山忍さんは、振り返る。

話しかけらないほどの威圧感だったと言う。

馴れ合うことを嫌う渡瀬恒彦さんは、ほとんど喋らないので有名だ。

 

ある撮影でのこと、二人きりのシーンで、「もう1回やって」と言われて、中山忍さんは渡瀬恒彦さんにダメ出しされたそうだ。

その後、何度何度ももダメ出しされてしまう。

撮影後、謝ろうと思ったのだが、渡瀬恒彦さんは、何も言わず謝罪さえ受付けないような感じだった。

渡瀬恒彦さんは、演技中に冷たい目で自分を見ていて、私をダメだと思って見ていたように思っていたと、中山忍さんは当時を振り返る。

ひょっとすると、どこかで2時間ドラマを甘くみていたのかもしれない自分がいた。

それ以来、2時間ドラマに本気で向き合おうと思い、必死で演技を磨いた。

そしていつかもう一度、演技を見てもらいたいと思うようになったそうだ。

 

中山忍さんは、初共演から13年で再び渡瀬恒彦さんと共演することになった。

2010年の十津川警部シリーズで、演技の全てをぶつけた。

台本には無かった、「これがあなたの心です」と言う渡瀬恒彦さんの言葉で、自然と涙が出たのだ。

涙は、本当に気持ちが動かないと出ないらしいのだが、このときは自然だったのだ。

このときに役者人生が変わったと言えるほどの衝撃があったそうだ。

それ以来、渡瀬恒彦さんの演技にしっかりと向き合うようになったと言う。

 

 

だが、中山忍さんは渡瀬恒彦さんに悔やんでも悔やみきれないことがあると言う。

今年、3月に渡瀬恒彦が亡くなる前に、渡瀬さんは体調を崩していたが、渡瀬恒彦さんの元に行くことは許されなかった。

感謝の言葉も言えず、心残りだったが、その願いが叶うことはなかった。

 

生前、中山忍のマネージャーが言っていたことがある。

「忍の寂しい笑顔は素敵です。流す涙は素敵です」と、渡瀬恒彦さんが中山忍さんの演技を陰でたたえていたと言うのだ。

今、中山忍さんが思うことは、「今までお世話になりました。そばで見てきたことは絶対忘れません」と、渡瀬恒彦さんに伝えたいのだと言う。

最後に中山忍さんは、渡瀬恒彦さんから学んだことを生かして、これからも演技を続けて行こうと決意した。

 

最後に中山忍さんが訪れたのは、渋谷区初台の「蘭蘭酒家」だった。

美味しいと絶賛していたのは、「土鍋入り四川麻婆豆腐」だ。

中山忍さんは、11月18日(土)公開の映画「こいのわ 婚活クルージング」に出演している。

監督は「デスノート」の金子修介さんで、脚本も金子修介さんと牧五百音さん。

キャストは、風間杜夫さん、片瀬那奈さん、藤田朋子さんらが出演している。

広島県庁の婚活事業「こいのわプロジェクト」を題材に、様々な事情を抱える男女の出会いを通して現代社会が抱える問題をユーモラスに描いたラブストーリー。

歩きスマホの衝突を防ぐ電子機器の開発で成功した65歳の門脇誠一郎は、ある日突然、社長を解任されてしまう。

バツイチの誠一郎は第二の人生を歩むべく新たなパートナー探しを始めるが、最初にお見合いした35歳の美人編集者・山本ナギと大喧嘩。

その後も誠一郎の前にはシングルマザーやトランスジェンダー、後妻業の女など、ひと癖もふた癖もある女性たちが現われる。

一方、ナギも年下のイケメンにアタックされるが、なぜか誠一郎のことが気になってしまう、と言うストーリー。
(引用:http://eiga.com/movie/86547/)

予告編はこちら。

 

 

この記事がよければポチッと1クリックお願いします。
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

人気の記事

尼神インター渚【有吉ゼミ】ヒロミに「好きになりそう」、ヒロミの反応は?

もしかしてズレてる?アイリインスタ女王ルブタン一度に200万円爆買いも!

 

スポンサーリンク