11月14日の「ダレトク」で17年前のラーメン店が現在何件営業しているかを調査した。

2000年に出版された石神秀幸の「21世紀 ラーメン伝説」に掲載されていた、千代田区、中央区、港区、渋谷区の17件を、安藤なつさん(36)と大のラーメン好きの佐藤仁美さん(38)が1件ずつ訪ねた。

残っているお店はいったい何件だったのか?

千代田区のラーメン店

まず最初に、千代田区の7件のラーメン店から調査した。

ラーメン「創房 玄」は、やっていなかった。近所の人に聞くと10年前くらいに辞めたと言っていた。

 

2件目の「八代目がんこラーメン」は、主人が引退して弟子が経営するラーメン店、「がんこラーメン八代目直系」(荒川区)になっていた。

3件目の「ラーメン典座」は「台湾まぜそば麺屋はるか」に、4件目の「支那そば八島」は、カレーパスタ屋になっていた。

5件目、「旭川ラーメン旭龍」も変わっていた。

 

6件目は、「九段斑鳩」も空きテナントになっていたが、市ヶ谷に移転したようだ。

行ってみると、あった!

スープが17年前とは違って、白濁スープでコクを出していたところが変わっていたが、「美味しい」と、安藤なつさんが言っていた。

残りの1軒は取材がNGだった。

安藤なつ
画像引用元:ww.asahi.com/articles/ASK7P6JG1K7PUTFL00Y.html 安藤なつ

 

 

中央区のラーメン店

中央区は、1件目は、「らーめん勇」はモツ鍋店になっていた。

らーめん ぽっぽ屋」の場所は別のラーメン屋になっていたが、近くに移転していた。

二郎系ラーメンと言って、野菜の量、ニンニク、味の濃さが調整できるのが人気だ。

「麺ぬき」600円は、麺が入っていないがメニューにあった。

港区のラーメン店

港区は3件あったが、「醍醐」はなかった。

「どぎゃん」もなかった。

 

盛運亭」は、古びた建物だったそのままあった。

タモリさんの写真が飾られていて、よく来るそうだ。

タモリさんが好きだと言うチャーシュー麺を安藤なつと佐藤仁美さんが食べた。

 

佐藤仁美
画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000128-dal-ent 佐藤仁美

「昔ながらのラーメン」、「なんか上品」と、感想を述べた。

チャーシューは油で揚げて、秘伝のしょうゆダレで2時間煮込んであるそうだ。

渋谷区のラーメン店

渋谷区は、5件あったが、「らーめん山田」、「尾道ラーメン萬勇」はなかった。

渋谷駅近くにある「唐そば」はあった。

唐そばは、並、大盛り、特盛りが同じ値段だ。

 

「筑豊ラーメン ばさらか」はなかった。

 

ラーメン 一福」は近くに移転していた。

女性店主がつくる味噌ラーメンが有名だ。

「あっさり、すごい優しいお味」と、佐藤仁美さんがコメントしていた。

安藤なつさんは、「麺、うまっ」と麺を褒めていた。

 

取材した結果、17店中5店舗が営業していたことが分かった。結局3割しか残っておらず、ラーメン店を20年営業するのは並大抵ではないようだ。