11月10日の「ダウンタウンなう」で、2012年に突然活動休止し、今年活動を再会したツインボーカルユニット「chemistry」に、活動休止の事情と、再会の理由をダウンタウンが聞いた。

なぜ5年もCHEMISTRYは活動を休止していたのだろうか。

話しを聞くうちにダウンタウンはケンカしたことがあると明かし、一同が驚く場面があった。

CHEMISTRYは、昔放送されていた、ダウンタウンの音楽番組「Hey!Hey!Hey!」(1994-2012)に20回も出演していたので、ダウンタウンとは面識があったので、会話はスムーズに始まった。

 

 

CHEMISTRY
画像引用元:https://twitter.com/chemistry_2011/status/888966692746829824 CHEMISTRY

 

スポンサーリンク



 

2012年の活動休止の理由は、二人の関係性にあったのだと言う。

単純にソロでやりたかった、どちらかと言うと、自分だ」と、堂珍嘉邦さんが言った。

さらに、「CHEMISTRYだとできること、CHEMISTRYだと出来ないこと、ソロだと規模が違ってくるので、CHEMISTRYで出来なかったことができる」と、ソロとデュオのメリットを挙げた。

仲悪かったんですよね」、と菊地亜美さんがストレートに聞くと、「最初はソロだった、途中からデュオという企画になった」と堂珍さんが言い、仲が悪いわけではなかったと説明した。

ホンマに仲悪かったら再結成しない」と、浜田雅功さんが言うと、逆に川畑要さんがダウンタウンに、「ケンカしたことあります?」と聞いた。

ダウンタウンは、うめだ花月で1度殴り合いのケンカをしたことがあったそうだ。

浜田雅功さんが遅刻した翌日に、また浜田雅功さんが遅刻したのだが、舞台袖にいた浜田さんを松本さんが見つけられずに慌てたらしい。

腹を立てた松本さんが、浜田さんとケンカになったそうだ。

ダウンタウンのように小学校から知っていたわけではなく、お互いを仕事のパートナーとして見ていたので、ケンカもなかったと川畑さんは言った。

 

でも、なぜCHEMISTRYは今年再結成したのだろうか?

これは川畑さんから連絡をしたそうだ。

川畑さんは、2015年の元旦の音楽番組を見ていて、2人しかできないことがあると思ったらしい。

そこで川畑さんは、堂珍さんに「ライブでもする気ない?近々飯行こう」と、ショートメールを送ったのだ。

だが、「自分の中でまとまるまで時間がかかった」と、堂珍さんが言う。

元旦にメールが来たのは、心が改まる正月だったので、すぐには返事を返せなかったのだそうだ。

川畑さんは、3日間も返事が来ないのは無視と取れると感じたようだが、堂珍さんは久しぶりにあるこっ恥ずかしさがあったようだ。

そこで坂上忍さんが、元旦にメールが来たのだから、「あけおめ」くらいはメールしなかったのかと聞いた。

すると、堂珍さんは天を仰いで、「無かった」と一言。

心ない返事に、全員爆笑していた。

堂珍さんからは1週間後に返事が来たらしく、そのメールは、「今夜どう?」と急な誘いだったらしい。
 

 

 

この記事がよければポチッと1クリックお願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

人気の記事

尼神インター渚【有吉ゼミ】ヒロミに「好きになりそう」、ヒロミの反応は?

もしかしてズレてる?アイリインスタ女王ルブタン一度に200万円爆買いも!

 

スポンサーリンク