11月11日の「マツコ会議」で、今年放送された中でマツコ・デラックスさんに強烈な印象を残した美女のその後が紹介された。

ここでは、高知のごきげんよーこさんとお天気キャスターの塚原美緒さんを紹介しよう。

 

2017年5月に放送されたマツコ会議で登場した、ごきげんよーこさんが再び紹介された。

5月では、高知大学のミスコンの打ち上げがの様子が取材された。

ごきげんよーこさんのツイッターアカウントを見つけたマツコ・デラックスさんは、テレビでそれを公開していた。

餃子を食べたごきげんよーこさんが食レポしたが、コメントのあとに間が空いてしまてって、「ちょっと引いた」、「最初に感じたあなたのフレッシュさはない」と、ごきげんよーこさんの微妙な食レポに、マツコ・デラックスさんも困惑した様子だった。

ごきげんよーこさんは、高知大学の女子寮の部屋で白いビキニ姿まで公開して大サービスだった。

 

そんなごきげんよーこさんは、芸能界に入りたいと言っていたのだが、実はホリプロタレントスカウトキャラバンに申し込んでいたのだ。

しかもなんと、36,504人中の10人のグランプリ候補に選ばれていたのだ。

だが、10人の中でも22歳のごきげんよーこさんは、最年長だった。

ほかはすべて10代だったのだが、ごきげんよーこさんは、パフォーマンスでイジリー岡田さんとコントを披露したあと、昭和の名曲「恋に落ちて」を歌った。

グランプリは、ピアノ演奏をしていた21歳の定岡遊歩さんだった。

グランプリが取れなかったごきげんよーこさんだが、「これをバネ頑張りたい」と泣きながらコメントした。

今後はどうなるのか、また追跡取材してほしいものだ。

 

スポンサーリンク



 

画像引用元:https://www.weathermap.co.jp/caster/tsukahara-mio塚原美緒

4月に放送された、広島の下手っぴお天気キャスター塚原美緒さんだが、広島で大人気になっているらしい。

あまりにもひどい天気予報に、「不出来にもほどがあるわね」とマツコ・デラックスがあ然としたあの人だ。

先輩も「ここまでひどいとは思わなかった」と、あきれたほど。

だが、なんとこのとき広島テレビですでに仕事が決まっていたと言う。

始めての本番になって中継が始まると、CMが始まって天気予報が途中で切れる大失敗をしてしまった。

しかも番組は、朝の情報番組「スッキリ」の中継だ。

あれから7ヶ月たった今、頑張って土日でも気象台に電話して情報を仕入れているそうなのだが、どうなったのだろうか。

時間ピッタリに終わった放送終了後、塚原さんは、「いやー、収まりましたね」と、余裕のコメント。

今は、天気予報も放送時間内に収めることが出来て、なかなかの上達ぶりだった。

 

人気の記事

尼神インター渚【有吉ゼミ】ヒロミに「好きになりそう」、ヒロミの反応は?

もしかしてズレてる?アイリインスタ女王ルブタン一度に200万円爆買いも!

 

スポンサーリンク