11月25日の「マツコ会議」は、半熟キャバクラと称して30代がメインとなるキャバ嬢のいるお店を探訪します。

マツコ・デラックスさんが、キャバクラとスナックを合わせた「スナキャバ」だと言うお店は、キャバクラに疲れたお客さんが、やって来るところなのだと言う。

客層もキャバクラより高く、70代までが来店するらしい。

だが、それでも行列ができるほど繁盛しているらしく、ママは「儲かっている」と隠さず言う。

出演者情報

マツコ・デラックス

店名は?

今回は、神田の半熟キャバクラEgoistを会議にかけた。

マツコ・デラックスが言うには、35歳で熟女と言うのに熟女の設定が低すぎると言う。

だから、半熟と言うのは現役のキャバ嬢になるのでおかしいと言う考えだ。

客層は?

訪れた「Egoist」のお客さんは、若い人は来なくて、60代から70代もいると言うので、驚いた。

働いているのは、30代後半が多い。

新しいスタイル「スナキャバ」

仕事の話とか中身のある話ができるので、キャバ嬢は30代が良い、とキャバ嬢の見解。

ここは、キャバクラとスナックが融合した、「スナキャバ」と言うスタイルだ。

キャバクラはママがいないが、スナキャバはママがいるのだそうだ。

料金は、45分1セットで3,500円と安い。

キャバクラはボーイがいて、すべて用意してくれるが、スナキャバは女の子は自分達がボーイの働きもするらしい。

スポンサーリンク



 

友美ママはやり手だ!

そこで33歳のママが登場。

マツコ・デラックスさんによると、友美ママは、「取り残されたバブル感」があると言う。

さらに「すごい貫禄ね」と、マツコ・デラックスさん。

ママが言うには、「儲かっている!」と堂々と宣言。

ママは岩出身で、男の臭いが好きらしい。

売上は月1,600万円!

月に1,600万円は売上げていて、午後8時から午前1時の営業でこの売上は凄い。

行列ができるほど人気なのだそうだ。

神田、浅草、御徒町にも店がある。

 

 

この記事がよければポチッと1クリックお願いします。
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

人気の記事

尼神インター渚【有吉ゼミ】ヒロミに「好きになりそう」、ヒロミの反応は?

もしかしてズレてる?アイリインスタ女王ルブタン一度に200万円爆買いも!

 

スポンサーリンク