11月23日の「アウト×デラックス」で、シンガソングライターの藤田恵名さん(27)がビキニ姿で登場したのだが、人生相談になり泣き出してしまう場面があった。

藤田恵名さんは、「今、一番脱げるシンガソングライター」、「シンガーグラドル」、「一人遊園地シンガソングライター」などのキャッチコピーを持つ。

藤田恵名さんは、福岡県北九州市出身で、2006年に「だからSmile〜heart to heart〜」がジークス天神(現天神ロフトビル)のテーマソングに採用されたのを皮切りに福岡で活動を始めた。

2010年に上京し、ワタナベエンターテインメントカレッジに入所し、テレビに出演し始める。

 

 

 

スポンサーリンク



 

服を着るタイミングを見失った

11月23日の「アウト×デラックス」の藤田恵名さんがいきなりビキニで、MCのマツコ・デラックスさんと矢部浩之さんの前に現れた。

すると、二人は、ビキニでギターを持っている格好に笑い出した。

藤田恵名さんはシンガーになりたかったのだが、最初に入った事務所でグラビアしないと仕事がないと言われたのだそうだ。

「服を着るタイミングを見失ってしまって」と、藤田恵名さんが明かした。

「どこかで服を着るタイミングを見計らっている」としながら、服を着ると集客が減るのが心配だそうだ。

そこで、「小島よしおと一緒やな」と、矢部さんがポツリとこぼす。

MISIAはもう無理?

最初の事務所は、オーディションの反応が一番早かったのがきっかけで、その事務所に入ったらしい。

元々は、MISIAさんや絢香さんに憧れていたのだが、「それはもう無理」とマツコ・デラックスさんが言う。

「こうなったら水着も取っちゃったら」と、マツコ・デラックスさんが言うと、すでにCDのジャケットの撮影でヌードになっていた。

初心から離れてしまった現在は、どうしていいか分からなくなったようだ。

涙の理由は亡き母

「ある意味パンクよね」と、マツコ・デラックスさんが感想を言う。

「何が本望か分からなくなっている」と、パチスロのCMにも出ているらしく、これからの進路に迷っているのだ。

「何やっているんだろうと思いながら人間は落ちて行く」と、マツコ・デラックスさんがアドバイスした。

落ちて行くところを曲にすると良いとマツコ・デラックスさんが言うと、感動した様子だった。

そこで藤田恵名さんは、亡くなったお母さんが見ているようで、申し訳なくなり泣いてしまう。

あなたに必要なのは、MISIAさんや椎名林檎さんのような心の強さが必要だと言うと、「正解です」と藤田恵名さんが答えていた。

 

 

 

 

この記事がよければポチッと1クリックお願いします。
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

人気の記事

尼神インター渚【有吉ゼミ】ヒロミに「好きになりそう」、ヒロミの反応は?

もしかしてズレてる?アイリインスタ女王ルブタン一度に200万円爆買いも!

 

スポンサーリンク