2019年1 月10日にテレビ朝日で放送された「刑事ゼロ」第1話の感想です。

「刑事ゼロ」は、20年間の記憶を失った刑事、時矢(沢村一樹さん)が再び事件を解決する前代未聞のストーリー。

刑事ゼロ1話のあらすじ

京都府警にこの人ありといわれる時矢(沢村一樹さん)は、犯人ともみあってビルの屋上から転落する。

運よく助かった時矢だが、刑事としての20年分の記憶が失われていた。

殺人事件の捜査をしている間に、新人刑事の佐相(瀧本美織さん)に記憶喪失がバレてしまい、時矢は最初で最後の事件として犯人を追い、敏腕と呼ばれていた時のやり方は違うものの、見事に犯人を見つけだし、そして説得に成功する。

佐相は時矢の記憶喪失を隠すことにし、ニュー時矢としてバディを組むことにする。

 

キャスト

時矢暦彦:沢村一樹

佐相智佳:瀧本美織

福知市郎:寺島進

内海念也:横山だいすけ

背川葉奈:猫背 椿

根本留夫:渡辺いっけい

奥畑記子:財前直見

生田目守雄:武田鉄矢

主題歌

THE YELLOW MONKEY 「I don’t know」(ワーナーミュージック・ジャパン)

 

この記事がよければポチッと1クリックお願いします。

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ にほんブログ村

 

スポンサーリンク

刑事ゼロ1話の感想

時矢(沢村一樹さん)は記憶喪失というよりも、刑事時代のことを思い出したくないという拒絶反応なのですね。

かつてのひとつずつ事実を積み重ねていく手法から、いわゆる刑事の勘を働かすタイプに変ってしまうわけですが、背景に20年の経験があるというのは重要で、ド素人や若輩のヤマ勘とは違い、たくさんの経験を積んできた者の勘はむしろ総合的判断をしているといいます。

将棋の羽生善治さんなどがそんなことを話していますしね。

だから時矢の勘はただの勘ではない。

 

 

更にきっかけは勘でも、その後の推理に関しては緻密で、推理小説のようでした。

舞台となっている京都らしく、源氏物語とか香道とか、風流な道具を使い、最後も京都らしい町屋を使うなど、とても凝った脚本だなあと感じました。

キャストも主人公の沢村一樹さんは、戸惑いと懸命さを巧みに演じ分け、視聴者には過去の時矢と今の時矢をリアルに感じられるように見せてくれます。

また瀧本美織さんはよきサポート役として、沢村さんと息の合った芝居を見せてくれていると思います。

 

 

時矢オタクともいえる佐相(瀧本美織さん)でも、彼のプライベートまでは知らないようで、第2話は元妻の弁護士の奥畑(財前直見)とひと悶着ありそうです。

時矢が過去に逮捕した犯人の裁判がらみのようなので、次回は時矢が自分の過去と向き合うところが見どころになるでしょう。

 

スポンサーリンク

人気の記事

ためしてガッテン|2ヶ月で3kg痩せる1日50gダイエットとは?

有吉ゼミ|ヒロミのリフォーム~パンサー尾形貴弘の寝室がとんでもないことに!

おしゃれイズム|新田真剣佑が表参道で良く行くカフェはどこ?

あなたにオススメの記事