12月17日の「名医のTHE太鼓判」は、腰痛膝痛股関節痛の改善方法の特集でした。

腰痛は、ほとんどが仙腸関節の動きが悪くなることが原因です。

腰痛を劇的に改善する方法として、AKA-博田法が紹介されました。

膝痛も腰が原因で起こることが多いので、腰痛を改善すると膝痛も改善するそうです。

骨を強くする方法として、きくらげ茶漬けの作り方も解説します。

股関節痛には、四股踏みトレーニングが有効です。

名医の太鼓判番組情報

放送日時:2018年12月17日 19:00~20:00 

放送局:TBS

名医の太鼓判出演者

MC:渡部建、山瀬まみ

レギュラー:児嶋一哉、原西孝幸、藤本敏史

ゲスト:大島蓉子、大堀恵、橋本大二郎、遼河はるひ

医師:大竹真一郎、住田健二、戸田佳孝、丸田佳奈、森田豊

 

この記事がよければポチッと1クリックお願いします。

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ にほんブログ村

 

スポンサーリンク

腰痛を改善するのは巣鴨の望クリニック

AKA-博田法で仙腸関節を手技で調整し、腰痛を劇的に改善してくれるクリニックが、東京都巣鴨の望クリニックです。

日本、海外からも患者が訪れるほどの人気です。

テレビに出演したのは、望クリニックの住田憲是院長です。

 

画像引用元:
https://doctorsfile.jp/h/26117/df/1/ 住田院長

 

たった10分の治療で劇的に腰痛が改善するのは驚きですね。

→ 望クリニック

 

骨を強くするのは、きくらげ

熊本県人吉地方では、きのこのことを、なばと呼んでいたことから、きくらげを「みみなば」と言います。

ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けてくれるので、骨が強くなるのですが、きくらげには、食品のトップクラスのビタミンDの量が豊富に含まれているので、骨粗しょう症の予防だけでなく、食物繊維も豊富で美容にも良いのです。

きくらげを1日6gほど摂取すると必要なビタミンDが摂れるのですが、6gはきくらげ6枚分に相当します。

キクラゲ茶漬けの作り方

手軽にビタミンDを摂れる料理として、キクラゲ茶漬けが紹介されました。

材料:

乾燥きくらげ

乾燥桜えび

ネギ

天かす

醤油

作り方:

①乾燥きくらげのみじん切りをフライパンで2分炒る

②炒ったきくらげを急須に入れる(きくらげ茶)

③塩ひとつまみ入れてお湯を急須にそそぐ

④お湯で戻した桜えびをフライパンで醤油で炒める

⑤お茶碗にご飯を盛る

⑥ご飯に炒めた桜えびと、刻みネギ、天かすを乗せる

⑦ご飯にきくらげ茶をそそぐ

お好みでわさびを添えてください。

股関節痛に効く四股踏みトレーニング方法

股関節痛の多くは、変形性股関節症が原因です。

そこで変形性股関節症を改善する方法として、相撲の四股が効果があるそうです。

股関節を動かす大腰筋を鍛え、股関節をストレッチすることができるのが四股です。

四股の方法はこちらの動画を参考にしてください。

 

 

四股は左右10回ずつ毎日おこないましょう。

八王子の「八王子スポーツ整形外科」では、四股踏みトレーニングを取り入れていました。

 

スポンサーリンク

人気の記事

ためしてガッテン|2ヶ月で3kg痩せる1日50gダイエットとは?

有吉ゼミ|ヒロミのリフォーム~パンサー尾形貴弘の寝室がとんでもないことに!

おしゃれイズム|新田真剣佑が表参道で良く行くカフェはどこ?

あなたにオススメの記事